vol 8 星ケ浦大通1丁目〜道々559号線、星ヶ浦東通を経て、国道38号線に戻り、、、

 2015年、7月の釧路探訪、大楽毛駅から愛国までのウオーキングの記録、その8は、星ヶ浦大通の住宅地に(意図的に)迷い込んで散策をして、国道38号線に戻ってきた。



2015.7.8-9 KSR (190)

 道々559号線の星ヶ浦東通は釧路環状線(雄鉄線通り)とぶつかり、やがて西港に通づる。その道を過ぎ、更に進んで、リラブルート38(大規模書店で、コーチャンフォーグループ)の裏手に出た。正面が国道38号線。


2015.7.8-9 KSR (193)

 一枚目写真の左手には、大規模な商業施設が次々と建てられ、賑やかになった。昭和の時代には考えられなかった。右手が国道である。


2015.7.8-9 KSR (192)

 国道から見える、「そば処 東家」 の看板は昔か見ていたような? 奥がリラブルート38の建物で、コーチャンフォー系列らしく、ミスドが入る。

2015.7.8-9 KSR (194)

 鳥取西交番は昔からお馴染み。 勿論、筆者はお世話になったことは無いが、地域の安全を守ってきた。


2015.7.8-9 KSR (195)

その向かい側、開成医院。こちらも歴史があると記憶している。


2015.7.8-9 KSR (196)

 その隣にあった、旧フクハラの店舗は解体撤去されたが、すぐ近くで大規模展開中。

2013.5.20-21 KSR (192)

 参考までに、2013年撮影時の写真も掲載。
 


2015.7.8-9 KSR (199)

 またまた、悪いクセが出て、鳥取大通7丁目から、南7丁目の住宅地に迷い込んだ。職場の人間にいつも言われている事なのだが、「お前の行動は、いつか、不審者に間違われる!」 だそうだ。 平屋の共同住宅が、昭和を思わせる。小学生の頃はこのような住宅に同級生が多く住んでいたっけ、、、 


2015.7.8-9 KSR (201)

 狭い道に、自動車整備工場等、生活の匂いが妙に懐かしく感じる筆者は変? 

 大きな通りに出てふと、、、「あれは?」


2015.7.8-9 KSR (203)

 「まつだ食品工業」? という建物が目についた。

 先に倒産した、紅花まつだ商店(スーパーまつだ)とは別のようだが、、、

 
 後で調べたところ、こちらも平成20年に破産宣告を受けて倒産していた。 晩年は鯨を使った二種類の駅弁を発売して話題となったようだが、また地元資本が姿を消したか、、、


 この先も、地元企業の倒産をお知らせすることになるのが大変残念ですが、これからも釧路の現況を写真を併せて取り上げていきたいと思います。本当に寂しいものですね。

スポンサーサイト

vol 7 星ケ浦地区を気ままに歩いてみて

 星ヶ浦のJR根室本線の線路沿いから、国道38号線に戻り、また色々歩いてみた。初めて来た道に新鮮な気持ちになった。



2015.7.8-9 KSR (108)

 歩いて来た道を振り返った写真。立派な高架橋が目に入る。 では、前を向いて進むのみ。


2015.7.8-9 KSR (106)

 国道38号線に出た。 アサヒ商会という、安さが売りのガソリンスタンドは昔からあるはず、、、
 
2015.7.8-9 KSR (110)

 星ヶ浦川の向こう側の川岸には、昔から多くの車が停められていた。高校時代に筆者が見た光景と変わっていない。


2015.7.8-9 KSR (112)

 バス停名が、「星ヶ浦大通4丁目」に変わったが、昔は、「水産工場」だった。かつてこの付近に「北市」という大きな水産工場があったが、現在は、ほんの僅かに工場があるのみ。左手のあずき色の建物、、、

2015.7.8-9 KSR (113)

 佐藤木材さん。筆者の親父が大工ゆえ、昔からここには馴染みがあった。現在は息子さんが社長をされているとのことだが、先代の社長さんの顔を、筆者も覚えている。


2015.7.8-9 KSR (116)

 多くのスタンドが廃業し、別の店舗、建物に変わる現代、右の黄色の建物のたこ焼き屋は、名前が変わりつつも、現在も営業されていた。高校時代に筆者もここで買った事がある。ここから自転車で愛国の自宅まで持って帰ったものだから、とっくに冷めていたが、それも懐かしい思い出。


2015.7.8-9 KSR (117)

 星ヶ浦大通3丁目まで来た。 「鶴の湯」の看板があるが、いつもバス等でここを通っていた時からこの看板が気になっていたが、ここからは建物は見えず、どこにあるのか、この時に確かめてみた。

2015.7.8-9 KSR (118)

 この先にあるようだが、その前に、、、


2015.7.8-9 KSR (119)

 後ろ(国道)を振り返る。 コープさっぽろの前は何があったかな? その左手、、、

2015.7.8-9 KSR (120)

 日野自動車は昔からお馴染み。 多くの阿寒バスの新車がここから納入されてきた。 最近はふそうがメインの釧路衛生バスも初の日野製新車が2台が納入された。 では、鶴の湯を目指して歩く。


2015.7.8-9 KSR (121)

2015.7.8-9 KSR (122)

 途中にあった、名称不明の公園。草がボーボーで手入れがあまり入っていない? この付近には、子供達はあまりいなさそうだ。


2015.7.8-9 KSR (124)

 太いグリーンベルトのある通りに出たところに、、、

2015.7.8-9 KSR (125)

 あったぞ。 ここが鶴の湯か。先端の突き出たデザインが丹頂を表しているのだろう。建物が比較的新しいが、もしかして、二代目の建物?


2015.7.8-9 KSR (126)

 その向かい側には老人ホームと太陽光発電施設。



 この後、さらに通りを東に進み、国道38号線に平行して歩いてみます。この通りは初めて歩くので、とても新鮮な気持ちです。まだまだ知らない事だらけの筆者です。
 

vol 6 新大楽毛駅から公園を経て、 星ヶ浦の線路沿いを歩く

 今年7月、大楽毛駅をスタートし、愛国までのウオーキングの模様、その6。 今回は国道38号線沿いを歩き、新大楽毛駅まで来た。その後は、線路沿いを歩いてみたのだが、、、



2015.7.8-9 KSR (76)

2015.7.8-9 KSR (77)


 新大楽毛駅に久しぶりに行ってみると、新待合室が新設されていた。その向かい側に公園があったことを初めて知った。
かつて、西高校にこの駅から通っていた若者達も、この公園の存在は知っていたのだろう。だが、一度しか乗ったことのない筆者には、この時に初めてその存在を知った。 ちょっと行ってみるか、、、


2015.7.8-9 KSR (83)

 昔からこの地にあったのだろう。

2015.7.8-9 KSR (84)

 遊具たちも様々あり、このときも地元の親子の姿があった。

2015.7.8-9 KSR (85)

 大楽毛1号公園というのか、、、


2015.7.8-9 KSR (88)

 では、駅前の小道に戻り、線路沿いの小道を鳥取方面に歩いてみる。釧路には18年間住んだが、この道は初めて歩く。


2015.7.8-9 KSR (89)

 枕木を再利用した柵の向こう側に、個人の菜園があり、その奥がJR根室本線の線路。特急スーパーおおぞら等が走る重要幹線である。


2015.7.8-9 KSR (92)

 線路の奥には化学工場や、、、

2015.7.8-9 KSR (94)

 大楽毛下水終末処理場がある。列車に乗ると車窓からは、「水洗トイレでさわやかライフ」の看板が目に入る。だいぶ釧路もトイレの水洗化が進んだことだろう。愛国の実家も約30年前に水洗トイレ化された。それまで汲み取りトイレが一般的だった、釧路。



2015.7.8-9 KSR (97)

2015.7.8-9 KSR (98)

 この先は、線路が高架橋となる。いつの間にかこんな凄ものができていた。建設業界に長く籍を置く親父によると、釧路駅も高架化される予定であったが、公共事業が悪者とされ、「コンクリートから人へ」のキャッチフレーズが流行った頃に、その計画は立ち消えになったという。結果的には、それが良かったのか悪かったのか、、、



2015.7.8-9 KSR (101)

 先ほど歩いてきた道を振り返ったところ。 では、前に進む。


2015.7.8-9 KSR (102)

 右手が線路、左手に有名機械リース会社の資材置き場がある。 お、川にぶつかったぞ。 星ヶ浦川だ。


2015.7.8-9 KSR (103)

 錆びた看板に、「ほしがうらがわ」の文字と、青いパイプラインには、王子マテリアルの表示と、中身は重油が通っているようだ。工場まで送られているのか、、、  では、国道38号線に戻るため、左折する。


2015.7.8-9 KSR (105)

 国道に戻り、右に曲がり、鳥取、新橋大通、愛国と進んでみる。



 今回は、ちょっとマニアネタ過ぎましたね。 筆者には初めて道で、あのパイプラインも10代の頃から見てきたのですが、何の物かはこの時になって初めて分かりました。JRの高架橋はこの先の釧路の発展に繋がるきっかけになるでしょうか? 次回は、星ヶ浦3丁目付近を取り上げてみます。

Vol 5 大楽毛駅周辺からスタートし、 新大楽毛駅を訪ねて

 大楽毛駅からウオーキングを始め、実家のある愛国まで歩いた時の模様、その5は、大楽毛地区にある、新大楽毛駅に行ってみたが、何と小変化が、、、


2015.7.8-9 KSR (60)

 前回と同じ写真、国道38号線沿いに地元民の手によって作られた、すずらん公園の裏手、JR根室本線の線路沿いを歩き、、、

2015.7.8-9 KSR (67)

 通りに出る。左手を見ると国道38線、旧本州ハイマート跡、さらに進むと、運転免許試験場、旧西高校のある通りがあり、、

2015.7.8-9 KSR (63)

 右手を見ると、踏切があり、右側に星ヶ浦自動車学校、左手に高等技術専門学校等がある。 その踏切手前に、、


2015.7.8-9 KSR (62)

 1988年に開設された、新大楽毛駅がある。西高校があった頃は、多くの学生で賑わったものだが、それも昔。
 あれ? ちょっと変わった?


2015.7.8-9 KSR (68)

 木の温もり溢れる、待合室が増設されていた。


2009.5.23-24 釧路 (44)

2009.5.23-24 釧路 (43)

 2009年の撮影時には無かった。西高校という、大口の旅客を失って、すっかり寂れてしまったと思っていたが、、、


2015.7.8-9 KSR (69)

2015.7.8-9 KSR (70)

 昨年に開設されたそうで、とても快適な待合室。トイレは無いが、、、


2015.7.8-9 KSR (72)

2015.7.8-9 KSR (73)

 ホームに立てみた。1988年の西高校生時代、友人とここからキハ40系に乗って釧路駅まで、一度だけ乗ったナ。

2015.7.8-9 KSR (78)

 綺麗になった、新大楽毛駅を後にした。向かい側に、、、


2015.7.8-9 KSR (77)

 公園があったことを、初めて知った。ちょっと寄ってみるか、、、



 西高が無くなって、利用客が大幅に減少したと思われれる、新大楽毛駅ですが、待合室が新設されていたのには、正直驚きました。この駅はやはり地元民にとって、今も大切な駅なのですね。ここから西高校まで約1キロ近くありましたから、列車通学の同窓生達は、特に冬季や雨天時は大変だったでしょう。ここから西高校に通った方達に懐かしんでもらえたらと、思います。
プロフィール

釧路旅人

Author:釧路旅人
釧路を旅してみた時の写真

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク