vol 23 実家のある愛国地区から釧路駅までウオーク  その3

愛国の実家を出て、産業通り〜中園町〜柳町公園〜旧厚生年金会館跡と歩いてきた筆者。そして、中島町、双葉町の散策模様である。



2014.10.25-26 KSR (66)

 釧路保健所を離れ、駅裏まで続く大きな道々53号線の通りを歩く。


2014.10.25-26 KSR (68)

 正直、この通りは道は広く立派なのだが、筆者の10代の頃から活気が無く、歩行者も非常に少なく、商売には不向きと感じていた通りであり、それから約30年経過し、人口減と少子高齢化、郊外にできた大規模ショッピングセンター群にマイカー普及が重なり、非常に人気が少なく、寂しい。 旅館があったこともこの時初めて知った。 赤十字病院が近いので、患者やその家族のためのお役にたっているのだろう。


2014.10.25-26 KSR (67)

 お、近くでチャリティーバザーをやっているのか? 大和山?  この辺に山なんかあったっけ? 




 いや、失礼! 大和山は会場ではなく、松緑神道大和山という宗教団体であった。 



2014.10.25-26 KSR (69)

2014.10.25-26 KSR (70)

 会場の中島公園広場では、多くの人で賑わっており、主に農産物が販売され、沢山の人達が購入品を車に積み込んでいた。 第20回ということで、長く定着してきのだね。 自治体の商工会名の入ったテントがあり、協賛? 

 
2014.10.25-26 KSR (72)

2014.10.25-26 KSR (73)

 周辺の住宅地。木が乱立している土地や、住む人が居なくなって久しい老朽家屋等が見られた。 筆者はこの通りを初めて歩いた。


2014.10.25-26 KSR (74)

 中島町から、双葉町に入った。


2014.10.25-26 KSR (75)

 街の小さな喫茶店。 地元民のコミュニティーであるが、一見さん大歓迎の雰囲気。 この時は時間が無く、断念。
 真っ直ぐ進み、三共通を渡ると、、、

2014.10.25-26 KSR (76)

2014.10.25-26 KSR (77)

 昔からある、この巨大な建物は、阿寒嶺という名の、JR北海道の寮である。 建物の存在は昔から存じていたが、寮だったことを初めて知った次第。 建物からして、国鉄時代からの継承であろう。
 


 少し進むと病院が、、、



2014.10.25-26 KSR (79)

 釧路呼吸器、循環器クリニックとあるが、人気がないな?

2014.10.25-26 KSR (78)

 もしかして、閉鎖された?  玄関前の雑草がそういっているような? 廃院? 統合?  分からん。


2014.10.25-26 KSR (80)

 で、再び大きな道々53号線の柳町公園大通にでて、駅裏まで来た。 土屋ホームの看板が乗る白い建物は、旧釧路グランドホテルで、現在は老人ホーム。 隣の薄茶色の建物もホテルで、こちらは平成になって開業したしたもの。




 柳町公園通りは道も広く、中央分離帯もある立派な道路ですが、昔から本当に寂しい通りでしたね。小さなお店や、歯医者、靴の販売店等がありますが、売上の程は? なんて、余計な事を考えてしまいます。昔、この通りに和菓子の店があり、高校時代に初めて、イチゴがまるごと入ったイチゴ大福を買って食べました。現在はコンビニの店頭で普通に売っていますが、今でもそれを食べると、あの時の釧路時代を思い出します。

 次回は、駅裏周辺の光景を取り上げます。

スポンサーサイト
プロフィール

釧路旅人

Author:釧路旅人
釧路を旅してみた時の写真

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク