vol 29 忘れ去られた、釧路駅のホーム

 今回は大変なマニアネタで。 

ほんの一部の人達にしかわからないかも、、、、との不安を抱えて。


 釧路駅の今は使われていない、ホームにスポットを。勿論、筆者には思い出があるのだが、、、


 
2016.7.5 KSR (5)

 お馴染みの、JR釧路駅。セリカXXが写っているが、撮影時は2016年の7月。 この左手、、、


2016.7.5 KSR (6)

 こちらも釧路駅の建物だが、鉄道関係者以外は馴染みの無い建物で、筆者も一度も入ったことはなし。


2016.7.5 KSR (9)

 その建物に沿って、旧長崎屋方面に歩くと、、、


2016.7.5 KSR (20)

 この様に白い金属板で覆われた壁があり、この奥が線路、ホームである。 右手の旧レストラン跡の横に通路があり、、



2016.7.5 KSR (11)

 建物の裏手に通づる細い通路がある。 ここを進むと目的のホームにいけるのだが、、、 因みに写真の右手には、、


2016.7.5 KSR (10)

 特急スーパーおおぞらが発着する、主役の1番ホームがある。 この時は国鉄カラーに戻されたキハ40系がいたが。


2016.7.5 KSR (12)

 この1番ホームの端の壁面に、「1962ー1」の文字が刻まれている。昭和37年の1月に運用が始まったということ?




 では、目的の思い出ホーム。



2016.7.5 KSR (15)

 ここである。今は何も使われていないが。 帯広方向に撮影。 床に金属の仕切りが並んでいるが、かつて北斗星のB個室ソロも連結されて運行された、カートレイン用の施設の跡かも? 


2016.7.5 KSR (17)

 こちらは根室方向に向かって撮影。ガラ〜ンとしているこのホーム。 0番線といでも言うのか、このホームで、、、



 かつて、北海道内を走ったリゾート列車がここに初めてやってきた、昭和60年代初期、中学生の筆者は友人とこのホームに来て、初めて見て触れて、中に入ったのがこのホーム。 ゴールドの車体のアルファコンチネンタルエクスプレス、翌年にはフラノエクスプレス、さらに一年置いてトマムサフホロエクスプレス、、、 

 また、新キハ183系といわれた、N183系の500、1500番代の展示会もここのホームで行われた。 大勢の市民が興味津々で車内に入り、椅子の座り心地を確かめて、、、初めてみる車内、新しい内装、シートの匂い、、、ホームには職員の人達の手による、アップルティーのサービス。 ここに立つと、10代のあの頃を思い出す。 一番のインパクトは、最初に見た、アルファコンチネンタルだった。




2016.7.5 KSR (19)

 遠くに見える、釧路ガスのタンク横を通る、北中跨線橋から、札幌方面からやってきた、アルファコンチネンタルを遠くに見て、真下を通過したアルコンを友人二人で自転車で追いかけて、このホームに停まっていたアルコンを、見て触って、感動したものだった。そんな思い出のある、このホーム。 そんな賑わいの過去を知らない世代が多くなった。

 
2016.7.5 KSR (18)

 2番、3番ホーム端にある、木造の小さな小屋。昔からここにあると記憶するが、今は使われていないようだ。作業員用の小屋だろうか?


 釧路駅のホームには、様々な思い出があります。 中、高校の修学旅行のもここからスタートしましたし、親戚の見送り、鉄道マニアの友人の撮影に付き合ったこと、そして自身が札幌に住むようになって、帰郷のために現在も使っております。旧型客室に乗って、標茶、池田に行った思い出、、、 経営状態の深刻さがマスコミに取り上げられるJR北海道ですが、この灯を消さないよう、ローカル線の存続も含め、頑張ってもらいたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

釧路旅人

Author:釧路旅人
釧路を旅してみた時の写真

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク