vol 11鳥取橋から治水町〜暁町を経て柳橋通りまで歩いて、、、

 2016年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。


 大楽毛駅から愛国の実家までの思い出ウオーキングの11回目投稿、今回は治水町〜暁町界隈を歩いた時の模様。流石に40歳を超えたこともあり、足が徐々に疲労してきたが、まだまだ行けそうな丈夫な足。



2015.7.8-9 KSR (213)

 残念な結果となった、「せんかま」こと、釧路蒲鉾工業協同組合の工場を後にし、治水町にある公園、、、


2015.7.8-9 KSR (218)

 治水公園? というのか、チエックを忘れたが、とにかくこの公園、隣に、「釧路協立病院」がある。地元では勤医協病院で通っており、従兄弟の叔父もここで80年の人生最後の時間を迎えた。40歳を超えてからも面会にも何度か訪れた。


2015.7.8-9 KSR (217)

2015.7.8-9 KSR (215)

2015.7.8-9 KSR (219)


 この公園は景雲中学に入学後に、行動範囲が広がったことや、友人も住んでいたことから、何度か立ち寄った。トイレが更新されているが、古い汲み取り式のトイレには、エロ本が山積みになっていた記憶がある。

2015.7.8-9 KSR (220)

 スクールゾーンのこの看板が、釧路に帰ってきたことを一番に感じるかも。周辺も整備されたが、30年程前は空き地や、道端に雑草が生い茂っていたものだ。古い家、廃墟も整理されたようだ。



 暁町から柳橋通りに向かって歩くと、、、



2015.7.8-9 KSR (221)

2015.7.8-9 KSR (222)

 治水町、暁町付近は寺が点在していることを、この時に初めて知った。かつての少年少女が毎日、通ったと思われるただの道も、歳月が流れ、思い出が泉のように湧きだしてくるような思いが、、、


2015.7.8-9 KSR (223)

 また、住宅地にこのような畑がいくつか見られたことも懐かしい。今も残っているのか、、、




2015.7.8-9 KSR (224)

 この道って、歩いたことがあったかな? 


2015.7.8-9 KSR (225)

 もうすぐ、柳橋通りだ。キリストの教会もあったんだ、、、


2015.7.8-9 KSR (226)

 柳橋通りから、大曲を見た。 右手の茶色のマンションが建つ前は、佐藤皮膚科があり、同級生の付き添いや、筆者の家族もお世話になった。いつの前に病院は消えていた。時間の流れと共に、、、



 ちょっと、マニアックな通り、光景でしたが、このような何気ない道、古い建物、公園、空き地が懐かしく感じるようになった、40オーバーの男の感想です。次回が大楽毛シリーズの最後です。その後は、また市内のどこかに飛びます。
スポンサーサイト
プロフィール

釧路旅人

Author:釧路旅人
釧路を旅してみた時の写真

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク