vol 20 2015年 8月の春採湖周辺を歩いてみて  その5

春採湖周辺ウオークのその5は、いよいよ完結。ひぶな坂を登り切った時に広がった光景は、30数年振りのものだろうと思われるが、全く記憶がなく、初めて見たのと同じ感想であった。



 ひぶな坂を初めて歩いて登ってみたが、自転車の時に比べれば楽だった。



2015.8.5-6 KSR (42)

 さて、いよいよ坂の終点が見えてきたゾ。



2015.8.5-6 KSR (49)

 ほう、どちらの芸術家の描いた絵かな?  街を明るくしようというコンセプトには大賛成。



2015.8.5-6 KSR (46)

 実はその途中、右手に下る道があり、お洒落な建物が。 (後ろを振り返っての撮影)


2015.8.5-6 KSR (47)

 おぉ、六花亭がここにもできていたのか。 鶴見橋の店舗に続いて二軒目ですな。この建物が建つ前は何があったのか?




2015.8.5-6 KSR (50)

2015.8.5-6 KSR (52)

 看板を見ると、春採5丁目なのだそうだ。 どんどん進むぞ。 木製の柵があるが、畑ではなさそうだ。



2015.8.5-6 KSR (56)

 筆者の歩いている、興津鶴ヶ岱通の左手はそこそこ平坦な住宅地なのだが、右手には草原が広がり、あまり人が行かない地のよう。いづれストンっと確実に落下するのだろう。 



2015.8.5-6 KSR (54)

2015.8.5-6 KSR (53)

 途中、このような光景も見られ、思わずカメラ。 一瞬、どこの沼かと思ってしまった。 手前の緑の下は切り立った崖なのか、急斜面なのか? 深い緑達に阻まれ、分からない。



2015.8.5-6 KSR (57)

2015.8.5-6 KSR (58)

 春採5丁目バス停の春採中方面(上写真)と、ひぶな坂方面(下写真)の光景。何気ない日常のスナップだが、昔この付近に住み、現在は別の土地で暮らしている人には懐かしい? 木の柵にも歴史が?



2015.8.5-6 KSR (59)

 現在のくしろバスの運行本数。 東邦交通時代に比べ、この本数はどう?



2015.8.5-6 KSR (135)

 鉄塔があった。ガードレールで守られたそれは、地域住民にとって欠かせないものだろうが、歴史の方も相当に長い?



2015.8.5-6 KSR (136)

 春採中学校に至る前のここで、残念ながら時間がきてしまい、ここでウオークを打ち切った。 もう、いい加減に愛国の実家に戻らなければ、、、(実家の犬の散歩係であるもんで)




 長く、お付き合の程、ありがとうございました。春採シリーズはここで終了します。かつてこの付近にお住まいであったり、通った方々に、懐かしさをほんの小粒程度にも感じて頂けたら、、、と思います。次回は新栄町、若松町付近を歩いた時の写真でお伝いしたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

釧路旅人

Author:釧路旅人
釧路を旅してみた時の写真

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク